メニュー 閉じる

消費税引き上げに伴う経過措置とはどのような仕組みや要件なのかについて

軽減税率からポイント還元などあらゆる仕組みが導入された今回の消費税の引き上げ。
だからこそ、よくわからないという方も少なくないようです。
また、メディアなどで経過措置という言葉を耳にしたけれどどのようなものなのだろう?という声もまたあるようなのです。
そこで今回は、そんな経過措置についてみていくことにしましょう。

経過措置とはどのようなことを指しているのか

経過措置といわれても何のことを指しているのか分からないのではないでしょうか。
国税庁が定めているものであり、「原則を厳格に適用することが明らかに困難であると認められる取引」については経過措置を設けるという対策を発表しています。
簡単に言えば、この経過措置を設けることで8%が適用されるということになるのです。
ただ、先に触れたように、その要件を満たすことがその条件となっています。

経過措置の条件について

さて、そんな経過措置の条件についても確認しておきましょう。
要件としては以下のようなものが考えられます。
・消費税の引き上げられる前日までに商品を仕入れた場合。
・消費税の引き上げられる前日までに施設などの入場料金を徴収した場合。
・消費税が引き上げられる1か月前に1年間のメンテナンス契約を結んだ場合。
・消費税が引き上げられる半年前に工事などの契約を結んだ場合。
などがあります。
また、私たちに最もわかりやすい措置としては住宅を購入したときの措置といものもあります。

経過措置を設けた理由について

なぜこのような措置が設けられたのかという点ですが、簡単に言えば企業側が行う事務処理が複雑化してしまうことを軽減する。
これが大きな目的となっています。
しかし、消費者側は関係ないという措置とも言い切れないのです。
この制度を利用することにより、お得に対処できるという背景もあったのです。

軽減措置についてのまとめ

これまでの契約状態などを見直すことにより、消費税が上がったのに8%のままだなどと疑問に感じていた方も理由がわかってくるかもしれません。
ただ税率が上がるというばかりではなく、その裏側での措置というものもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です