メニュー 閉じる

イートインと消費税の具体的な例を知るとよりわかりやすくなる

今回の消費税の仕組みは、軽減税率というものを採用しているものとなっています。
イートインなどがその代表例としてよく出てくるのですが、そのガイドラインの認識が難しいという方もいらっしゃる
そこで今回は、イートインの具体的なケースについてみていくことにしましょう。

食事を目的としているか否か

簡単に言えば、持ち帰りであれ8%・施設内で飲食をするイートインを利用すれば10%。
ということになります。飲食を目的としているか否かという点がここでの注目点であり分岐点でもあるのです。

映画館での一例

持ち帰るということが少ない映画館での飲食について考えてみましょう。
まず、飲食売店の横にあるベンチやコーナーで飲食をしたいという場合です。
これは、飲食施設としてみなされるケースが大半でしょう。
その売店で提供されたものを食べたり飲んだりする目的で設置されているということになりますので、軽減税率の対象ではないということになるのです。

では、座席はどうなのでしょうか。
映画館内の座席の場合、飲食目的ではなく映画を見るということが目的とされています。
ですので、持ち帰りと判断されるので軽減税率の対象となるわけです。

屋外の場合について考える

屋外で食事をする。
そういった際には店舗から出るということになりますので、持ち帰りになるのでは?という考えもあるかもしれません。
この場合にもいくつかのケースがあるのです。

屋台やテラス式の店舗である場合

こちらは、当然ながら飲食を目的とした設備を利用するということになりますので軽減税率の対象外ということになります。
公園などの場合、その飲食店が設置したのではなく公園側が設置したテーブルなどを利用することもあるでしょう。
このような場合におきましても、管理者側から利用の許可を得ている場合は飲食を前提としているとみなされるために軽減税率の対象外となるのです。

イートイン式の飲食と消費税のまとめ

いくつか具体的な例を掲げてみていきましたが、ガイドラインがあいまいな場合もあります。
こうした際には、店舗側に確認を取っておくのがスムーズでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です