メニュー 閉じる

アルコール類と消費税率を考えるときに知っておきたい酒税法について

2019年の消費税の引き上げに対して、多くのメディアが様々な形でそれを取り扱っています。
あらゆる着目点があるのですが、その中の1つにアルコールに関するガイドラインというものがあります。
そこで今回は、アルコールと消費税についてみていくことにしましょう。

生活に必要とされているものは軽減税率の対象となり8%で購入できるというのが今回の消費税の仕組みの1つです。
生活に必要なものの1つに院利用がありますが、果たしてアルコールはどうなのでしょうか。
答えから言えば、飲料としての対象範囲ではありません。

酒税法について

アルコールと消費税について考えるときに、酒税法についても合わせて確認しておきましょう。
酒税法によると、アルコール度数が1度以上のものを「酒類」と定めています。
ですので、ビールや発泡酒・ワインからブランデーなどいわゆる「お酒」と呼ばれるものに関しては、10%の消費税がかかるということになります。
この酒税法の定めを見ていただくとお分かりのように、ノンアルコールビールなどの「お酒風の飲料」は軽減税率の対象となります。

調理利用の酒類について

さて、アルコールといえば「飲む」というイメージもあるかと思いますがそればかりではありません。
料理に利用をする料理酒。さらには、その中にアルコールが含まれているみりんなどもあります。
これら製品における措置はどのようになっているのかについても見ておきましょう。
答えから言えば、10%の消費税がかかるということになります。
調理に必要なものではありますが、アルコール分がふくまれているためにその対象範囲内ということになるのです。
なお、アルコール度数が1度未満となっている「みりん風調味料」などにおきましては、軽減税率の対象となります。

アルコール類と消費税のまとめ

今回は、アルコール類と消費税についてみていきました。
普段はお酒を飲まないという方であっても、調理用のアルコール類にも影響があることとなっておりますので認識しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です