メニュー 閉じる

消費税の引き上げや軽減税率の品目さらにはポイント還元など幅広く増税について考える

普段はメディアなどでニュースをチェックしないという方であっても消費税が上がるということはご存知かと思います。
そしてすでに体感としてあるという方もまた多いのではないでしょうか。
ポイント還元や軽減税率などよくわからないという方もおいでかと思いますので、今回は消費税にまつわる事柄についてみていくことにしましょう。

消費税はなぜ10%になるのか

8%でも十分に高い。
そう感じてきた方もおいでであろう消費税ですが、2019年10月より10%に上がることとなりました。
分かりやすい税金の1つでもあることから、その深い部分である「なぜ」というところについて考えていくことにしたいと思います。
一言でいえば、今回の消費税アップは「社会保障」と大きな関わり合いがあるのです。

高齢化社会と社会保障の関係

日本が高齢化社会であるということは、近年メディアなどでも取り上げられていますのでご存知かとも思います。
この高齢化社会と社会保障にかかわりあっているのです。
総人口のうち21%近くが高齢者といわれる人たちが暮らしているのが日本です。
簡単に言えば、現役世代の方々が減少傾向にあるわけです。
ということは、社会保障にまつわるその財源の確保方法というものが課題であり難しくなってきているとされているのです。
その財源を確保するために行われたのが消費税というわけなのです。

ここで1つの疑問が浮かび上がってきます。
なぜ消費税なのかという点です。
確かに、確保のためには所得税や法人税などを引き上げるという考えもあるでしょう。
そのことにより負担は軽減されるともいわれています。
しかし、こうした手段でストどうしても先に触れた現役の世代と呼ばれる方に飲み負担が集まってしまう可能性が非常に高くなるわけです。
日本で暮らす人々が「平等に」負担をする。
そう考えた時適切な財源確保の方法が消費税だったわけです。

確実に財源を確保できるのかについて

さて、こうした理由によって引き上げられた消費税ですが、確実にこのことによって財源を確保できるものなのでしょうか。
答えから言えば「確実性はない」といえるでしょう。
値上がりによる買い控えなど懸念される材料というものもあります。
それでもなお、引き上げられたのはなぜなのでしょうか。
公式的には「将来へのリスク回避」があくまで目的であるということが発表されています。
今のタイミングで増税を行うことによって、少しでもそのリスクが回避できるという考えがあるからなのです。
かわりに、ポイント還元システム・軽減税率というシステムも導入されたことによって、極端な買い控えなどを抑えるという対策もとられています。
さらには、2020年に開催される東京オリンピックにて回収の見込みがあるのではともされています。

軽減税率について

先に触れた軽減税率についても見ておきましょう。
軽減税率とは、一定の製品などに対しては10%ではなく据え置きとなる8%の消費税で定めるというものになります。
といっても、詳しい品目が良く分からないという声も良く見受けられます。
だからこそ、しっかりとその品目を確認しておくことが大切といえるでしょう。

軽減税率対象品目について

まず最初に飲食料品です。
生命や野菜・お肉・魚から菓子類さらには飲み物からアルコール分が含まれていない飲料などは生活になくてはならないものと定められていることから8%の軽減税率の対象品目となっています。
またそれらの「譲渡」も対象無いです。
譲渡におきましては以下のようなものが考えられます。
・テイクアウトや出前
・給食など提供される食事
・ホテルなどの冷蔵庫内の飲料
・果物狩りなどで収穫したものを購入する行為
上記以外でも、週に「2回以上」発行されている定期行動区の新聞におきましても対象品目となっております。

さて、イートインと呼ばれるスタイルにつきましては店内での飲食の場合は外食ということに利ますので10%・持ち帰りであればテイクアウトになりますので8%と同じ店舗であっても税率が異なってきます。

ポイント還元について

今回の増税対策においての目玉といっても過言ではないのがこのポイント還元です。
あまり耳にされたことがないという方もおいでかと思いますので詳しく見ていきましょう。

詳しいシステムなどについて

まずこのポイントですが「キャッシュレス決済」にのみ適用されるシステムとなっております。
ポイント還元の率に関してですが、中小店舗ですと5%・大規模店ですと2%となっています。
こう聞くと、キャッシュレスにすべてを移行すればお得なのでは?そう思われる方もいらっしゃるでしょう。
確かに、お得な側面というものは十分にあります。
ただし「実施期間」というものが設けられているのです。
期間に関しましては、2019年10月1日から2020年6月30日までとなっていますので、その間であればお得に利用をしていただけるということになります。

ポイント還元の仕組みについて

さて、概要がわかったところでもう少し深いところの仕組みを見ていきましょう。
消費者にとっては還元されますのでお得となるシステムですが、どこが負担しているのだろう?というところを見ておきましょう。
負担先は政府となります。
還元されたポイントは、決済会社から消費者に還元されます。
そして、決済会社が還元したポイントは政府が負担をするということになっているのです。

キャッシュレス決済ですが、クレジットカードをはじめコード決済・電子マネー決済など様々な方法がその適用ないとされています。
すべてのキャッシュレス決済が対象範囲だというわけではありませんので、オフィシャルサイトなどで確認をしてみるというのが安心でしょう。
また、先のようなサービスを展開している気ぎようも独自還元という動きも見受けられています。
簡単に言えば、独自にポイント還元を行うというものになるのです。
この独自ポイント還元におきましては、上記のような期間が定められていないというところもありますので、お得に利用をしていただける方法ともいえるでしょう。
それらも含め。消費の落ち込みを抑え小規模の事業者を保護することというものが目的とされており、さらにはキャッシュレス決済の普及の促進という目的もその中の1つとされています。

消費税の引き上げに対する事柄のまとめ

消費税の引き上げから軽減税率についてさらにはポイント還元など幅広く増税についてみていきました。
これら仕組みやなぜという理由をしっておくことによって、より賢くそして納得のできる形での付き合い方をしていただきやすくなることと思います。
引き上げがなされたから負担が大きくなると落胆するのではなく、その環境の中で少しでもお得な方法を取り入れていきましょう。
国債で補ってばかりではいられない現状である日本。
安定的な環境を作るためにも必要な手段だったのかもしれません。